タカトリ(6338)【LED向けワイヤーソー拡大、今期業績上方修正も】

タカトリ  [6338] 大証2部 時価:421円

タカトリ(6338)に注目。同社は、LED関連製品向けのワイヤーソー(切断機械)事業が拡大中の電子機器装置メーカー。11月11日に、12年9月期の単独業績予想を発表した。それによると、売上高75億8600万円(前期比11%減)、営業利益4億6900億円(同31.3%減)と減収減益を見込んでいる。
 しかし、同社では、減収減益予想の背景につて、?スマートフォン(高機能携帯端末)やタブレット型パソコンの市場は個人消費を中心に販売が持続し、装置需要は堅調に推移するものと予想、?LED関連製品の市場は、テレビ用の販売が伸び悩む一方、照明の需要は更に増加し設備投資が進むと予想、?しかし、欧州における財政危機に端を発した海外経済の急速な減退の影響により、業績は厳しい状況で推移するものと予想――としている。
 つまり、同社を取り巻くスマートフォン向けや、LED関連製品向けの需要自体は増加を見込んでいるものの、欧州債務危機などの影響で、不透明な要素が強いということです。従って、業績上方修正の可能性は十分あるといえる。
 株価は8月以降下落トレンドを辿り、6月14日付けた年初来安値に比べ、半値以下の水準となっている。PERは7倍台と割安。大証単独上場の出遅れ銘柄として注目。

2011/12/1 10:23