日特エンジニアリング(6145)【今期経常益は最高益へ、25・75日移動平均がGC達成】

日特エンジニアリング  [6145] JQ 時価:1,088円

 日特エンジニアリング(6145)に注目。同社は、コイル用自動巻線機で世界シェア31%のトップメーカー。10月末時点で通期連結業績予想も増額修正。連結経常利益を従来予想の28億円から34億円(同26.7%増)へと増額し、過去最高更新見通し。

 スマートフォンを軸にした情報通信向けがけん引し、受注が想定を上回るペースで拡大しており、大幅増収効果が利益増につながる。アイフォーンを中心としたスマートフォンや、タブレット端末の普及が追い風となっている。特に、スマートフォンでは1台当たりに組み込まれているコイル数が約100個と従来の携帯電話の10〜15個に比べ圧倒的に多い。このため、スマートフォン市場の拡大は巻線機の需要増につながっている。

 株価は、10月6日の799円を底に、順調に上昇軌道を継続している。今週初に25日・75日移動平均線のゴールデンクロスを達成しており、先高期待感が高まっている。時価は、PERは10倍台と依然割安水準にある。

2011/12/1 12:27