ダイハツ工業(7262)【「ミラ イース」好調、エコカー補助金復活も追い風】

ダイハツ工業  [7262] 東証1部 時価:1,347円

 ダイハツ工業(7262)に注目。この年末からエコカー補助金が復活することが追い風となりそうだ。11月の新車販売台数で同社の「ミラ」が、1位のトヨタ自動車(7203)の「プリウス」に次いで2位にランクされた。
 前年同月比で約3.8倍の2万52台の販売。ガソリン1リットル当たり30キロ(新基準)の低燃費の「ミラ イース」効果で、9月の4位、10月の3位から着実に順位を上げてきている。「ミラ イース」は、ミラの台数の80.5%を占める1万6134台を売り上げるなど、好調が続いている。
 ダイハツは、12年3月期連結営業利益予想を、850億円から950億円に上方修正している。足元の販売モメンタムも良好で、マレーシアでは、現地合弁会社のプロドゥアが「国民車」の認可を政府から受けており、同国の自動車普及を担っている。10年には5年連続となるトップシェアを獲得したが、今後は現地部品会社との連携を高めながら低コスト化を進め、輸出拡大も図る方針。
 株価は9月半ば以降、ほぼ1300〜1400円水準でのボックス相場が続いている。ここにきて、やや調整色が強まり1350円水準での推移となっている。ただ、PERは11倍台と割り高感は無い。中期的には、好業績を背景に1500円を目指した展開に期待がかかる。

2011/12/14 12:46