新電元工業(6844)【2輪車用電装品好調、25・75日線のGC接近】

新電元工業  [6844] 東証1部 時価:309円

 新電元工業(6844)に注目。同社は、半導体製品や電源製品のほか、ホンダ(7267)向けの2輪車用を中心に電装品なども手掛けている。
 11月の月次受注が前年同月比7.5%増と好調なこに加え、インドネシアでの旺盛な2輪車需要を背景に、電装品の好調持続が見込まれるている。2輪車用は、来期も新製品の寄与が見込める。
 LTEなど次世代高速通信インフラの整備、震災に強く環境にも優しい「次世代グリーン基地局」をNTTドコモ(9437)が推進してることに加え、基地局の電源老朽化もあり受注拡大の可能性が高い。
 株価は25日移動平均線を下支えに下げ渋りの動きをみせている。PERは12年3月期が10倍台。来期の13年3月期は、今期減益の反動もあり、大幅営業増益が見込めることから、現状の株価で試算したPERは7倍程度まで低下する可能性もある。
 チャート面では、25日、75日の両移動平均線によるゴールデンクロスが接近しており、先高期待感が高まっている。中期的には400円台乗せを目指した展開が予想される。

2011/12/22 12:56