パーク24(4666)【カーシェアリングの成長期待、今10月期営業益24%増予想】

パーク24  [4666] 東証1部 時価:1,040円

パーク24(4666)に注目。同社は時間貸駐車場「タイムズ」を運営しており、その運営台数は約36万台(11年10期末)と国内トップ。個人や法人の遊休地を賃借し、駐車場を管理・運営するST(一般タイムズ)に加えて、TPS(タイムズ・パートナー・サービス)事業も展開している。今後は、複数の会員が車を共同利用するカーシェアリングの成長に期待。自動車の維持費を節約する志向を持つ若者や、リタイア後の年金生活者を中心に、需要の拡大が期待できそうだ。
 同社は09年に、レンタカーに加え、カーシェアリングを行なうマツダレンタカーを子会社化している。会員は、「タイムズ」に置いてある自動車を15分単位で利用することが可能。会員数は着実に拡大しており、11年10月末で7万1850人と業界トップ。設置台数を12年10月期末までに4200台(前期末比54%増)へ増強し、事業拡大を図る方針。
 同社は、12年10月期の連結業績について、売上高1390億円(前期比12.0%増)、営業利益165億円(同24.1%増)、純利益90億円(同37.5%増)と2ケタの増収増益を見込んでいる。
 株価は、昨年11月11日の安値871円を底に、順調に上昇トレンドを辿り1000円台に乗せ、昨年4月30日につけた昨年来高値1068円に肉薄してきた。今後も、業績の好調を背景に、ジリ高歩調が持続しそうだ。

2012/1/5 9:11