パスコ(9232)【測量技術へのニーズ拡大、PERは10倍台と割安】

パスコ  [9232] 東証1部 時価:273円

パスコ(9232)は航空測量、衛星測量技術を用いた地理空間情報を収集し、加工・処理・解析し、官公庁や民間企業、諸外国政府へサービスを提供している。
 今後は、東日本大震災に伴い改めて危機管理の重要性が増した災害対策、復旧支援で、同社の貢献の機会が拡大する可能性がある点。また、国土基本図の作成など、アジア諸国や、新興国の国家プロジェクトへの参加を通じてメイドインジャパンの測量技術を海外で発揮する機会の増加が見込まれそうだ。また、人工衛星を活用し、世界規模で発生する自然災害や、地球温暖化などのリアルタイムでのモニタリングが可能となり、地球規模での測量技術の発揮が期待される。
 株価は、昨年11月25日に225円で安値を付けて以降、順調に反転上昇軌道に乗っており、現在270円台まで回復している。ただ、PERは10倍台と、依然として割安水準にある。中期的には300円台の推移が期待できそうだ。

2012/1/10 8:46