イソライト工業(5358)【今3月期営業利益は2倍のV字回復、波乱展開も押し目狙いで】

イソライト工業  [5358] 大証1部 時価:264円

 イソライト工業(5358)に注目。同社は大証1部上場の、品川リフラクトリーズ(5351)系の耐火断熱材の大手メーカー。
 主力の鉄鋼補修用断熱材が堅調に推移しているのをはじめ、IT関連や自動車の生産復調で、こうした業界向けの断熱材も拡大をみせている。操業度の向上、窯業原料価格安定も寄与して、営業利益も順調な回復基調にある。今後は、自動車部品向けを中心に、2次電池製造装置などの製造業向けの断熱材の成長に期待が寄せられている。
 また、同社がトップシェアを占めるセラミックファイバーは、精製された原料を電気溶融し、高速の空気流によって吹き飛ばして繊維状にしたものだ。軽量で柔軟、優れた断熱性と耐熱性を兼ね備えている。
 同社の12年3月期の連結業績は、売上高135億円(前期比12.2%増)、営業利益9億円(同2倍)とV字回復を見込んでいる。会社発表では、配当については未定ですが、復配可能性が高まっている。
 株価は、11月以降の一連の大証上場銘柄に対する集中物色の中で、11月半ばの100円水準から、わずか半月で300円超まで急騰した。その後200円水準まで調整してたものの、短期間で出直り年初に300円を超えたあと現在は弱含みとなっている。

2012/1/13 12:45