A&Aマテリアル(5391)【震災復興関連の需要拡大、今3月期営業利益は大幅増益】

A&Aマテリアル  [5391] 東証1部 時価:92円

エーアンドエーマテリアル(5391)は、太平洋セメント(5233)系のスレートなど建材の大手メーカー。保温・保冷材料、耐火・断熱材料など工業用材料も手掛けている。
 12年3月期の連結業績は、売上高380億円(前期比3.5%増)、営業利益11億円(同71.1%増)と利益のV字回復を見込む。材料販売は、主力商品のケイ酸カルシウム板の需要が、施工員の不足による工事の遅れなどから低迷したものの、繊維混入石膏板の出荷は前年同期に比べて大幅に増加している。さらに、高付加価値商品である化粧板も出荷が前年同期に比べて拡大している。
 また、硬質ポリ塩化ビニル管の直管や管継手を、繊維混入セメントモルタルで被覆した二層管構造の耐火二層管は、震災以降、資材不足により中断していた大型現場の再開や、学校関係の耐震補強工事に伴う改修工事の増加もあり、前年同期並みの販売数量を維持している。来期の13年3月期は、ケイ酸カルシウム板の値上げ浸透により、採算の改善が期待される。
 株価は、昨年12月29日の安値68円を底に反転上昇のトレンドとなっている。ただ、株価は依然として2ケタ(30日終値は92円)に止まっており、上値余地はありそうだ。

2012/1/31 8:40