ダイジェット工業(6138)【来期も増益基調継続へ、PER8倍台と割安】

ダイジェット工業  [6138] 東証1部 時価:162円

 ダイジェット工業(6138)に注目。同社は、自動車製造用の切削工具である超硬工具に強みを持つことから、自動車各社の13年3月期での業績回復に業績・株価ともにけん引されることになりそうだ。
 同社は1月31日に、12年3月期第3四半期累計(11年4〜12月)連結決算、12年3月期通期連結業績見通しを発表。第3四半期累計の連結営業利益は、前年同期比3.7倍の4億5900万円と大幅増益で通過した。12年3月期見通しは変更されていないものの、増収大幅増益が計画されている。海外向けが好調なほか、構造改革進展により、利益を生み出しやすい体質になっていることが奏功している。
 今年初に140円台だった株価が順調な上昇をみせ、現在は160円を挟んでの小幅な値動きとなっている。株価指標面では、PER8倍台、PBR0.9倍台と依然として割安水準にある。このもみあい場面を上放れる可能性が濃厚だ。
2012/02/08 12:52