岡村製作所(7994)【オフィスビル建設ラッシュが追い風、東証信用倍率は0.14倍】

岡村製作  [7994] 東証1部 時価:562円

岡村製作所(7994)に注目。同社の12年3月期第3四半期累計(11年4〜12月)連結決算は、売上高1321億円(前年同期比9.5%増)、営業利益27億4300万円(前年同期は2億4500万円の赤字)、最終損益14億3900万円の黒字(同4億400万円の赤字)とV字回復をみせている。
 オフィス環境の提案や、店舗用什器および冷凍・冷蔵ショーケースのトータル提案など製品以外の領域における競争力アップが奏功している。
 注目したいのは、2012年に東京都心での過去最大規模のオフィスビル建設ラッシュだ。森ビル調べによると、12年の東京23区の新規オフィス供給量(延べ床面積)は推定154万平方メートル、前年比で12%増える見通し。年間で150万平方メートルを上回るのは2006年以来で、調査開始時(1986年)以降では、3番目の大量供給となるとみられている。
 株価は、昨年10月28日の安値451円を付けて以降、順調な上昇トレンドを描いている。ただ、年明け以降570円を軸にしたもみあい状態にあるが、上場放れのタイミングが近そうだ。東証信用倍率は0.14倍と超売り長の状態となっている。
2012/02/09 8:30