近畿車輌(7122)【海外案件に豊富な実績、株価は反転上昇トレンドを堅持】

近畿車輛  [7122] 東証1部 時価:292円

 近畿車輌(7122)に注目。業界3位の鉄道車両メーカーで、海外向けを急拡大させてきた。ただ、12年3月期は、これまで継続してきた海外を中心とした大型案件の納入が一巡していることから大幅な減収減益を強いられている。
 12年3月期の連結業績予想は、売上高300億円(前期比43.0%減)、営業利益26億円(同66.4%減)、純利益16億円(同67.4%減)を見込んでいる。
 今後は、販売・組み立て工程担う現法の人員増強テコに米国でLRV(ライトレール車輌)新案件受注狙う。また、リチウムイオン蓄電池で駆動する次世代車輌の受注活動も本格化させる。
 株価は、1月17日の安値225円を付けて以降順調な反転上昇トレンドを辿っている。業績面では減収減益となるものの、PER13倍台、PBR0.6倍台と時価に割高感はない。300円前後の時価水準に注目したい。
2012/02/16 13:27