岩崎電気(6924)【LED関連の中核銘柄、植物工場向け光源も手掛ける】

岩崎電気  [6924] 東証1部 時価:188円

岩崎電気(6924)に注目です。16日後場から動意づいているが、まだ初動段階といえる。12年3月期の連結業績は、売上高560億円(前期比3.4%増)、営業利益12億円(同59.8%減)と大幅減益見通しだが、中期的にはLED(発光ダイオード)関連の中核銘柄として注目したい。
原発事故に伴う電力不足が長期化する中で、文字通り必要に迫られた国民全体を巻き込んでの省エネの推進が必要とされている。その中では、従来の蛍光灯に比べて、約30%程度の電力消費が削減できるLEDランプの普及が飛躍的に進みそうだ。
 岩崎電気は、照明灯の総合メーカーで、最近では、街路灯、道路灯、防犯灯、投光器などの幅広い分野で、照明のLED化を促進し、品揃えを広げている。さらに、光技術を活かした、汚染の可能性の少ない植物工場向け光源での展開力も、野菜の放射性物質被害を背景に見直される可能性もある。
 株価は、昨年5月12日に昨年来高値294円を付けて以降、長期間の調整が続いていたが、同11月24日の135円安値で底打ちを確認して以降、順調に下値を切り上げていた。
2012/02/17 8:40