高島(8007)【太陽光関連売上が20%増、来期以降販路拡大で飛躍も】

高島  [8007] 東証1部 時価:211円

 高島(8007)に注目。同社は、太陽光発電システムの売上高が増加を続けており、来期の13年3月期に向けて、さらなる拡大が期待される。
 これまで既築住宅向け中心に卸売を全国展開してきたが、今後は既築住宅向け拡大に加え、中小住宅メーカーの新築向けや、12年7月からの、再生可能エネルギー全量買取制度スタートによる産業用需要の獲得にも期待が集まっている。
 同社は2月8日に、12年3月期の連結業績の上方修正を発表し、従来予想の売上高760億円を780億円(前期比3.3%増)へ、営業利益10億円を10億5000万円(同58.5%増)ヘとそれぞれ増額した。その中で、12年3期の太陽光発電関連の売上高は、180億円と前期比20%の伸びを見込んでいる。
 株価は、昨年12月27日の安値182円で底打ちを完了し、順調に下値を切り上げる緩やかな上昇軌道を描いてきた。ここにきて上放れの兆しを見せはじめており、上昇加速の可能性が浮上してる。

2012/2/21 12:50