OKK(6205)【工作機械が2ケタ成長、もみあい上放れに期待感】

O K K  [6205] 東証1部 時価:120円

OKK(6205)に注目。マシニングセンターに強みを持つ工作機械メーカーで、水道メーターも手掛けている。業績面での実態改善が顕著であり、株価120円台後半をネックラインとしたもみ合い場面には注目できそうだ。
同社の12年3月期第3四半期累計(11年4〜12月)の連結業績は、前年同期比43%増収、営業利益6億5400万円、経常利益4億6400万円、純利益4億4300万円となり、それぞれ大幅黒字転換を達成した。国内の復興需要、北米向け自動車・航空機を中心に主力の工作機械が2ケタ伸長、水道メーター事業も事業効率化で採算が改善中だ。
来期の13年3月期も12年3月期のトレンドが継続。これに加えて、タイ洪水復興需要の上乗せも期待できる見通しだ。高水準の信用買い残はネックだが、現在の高流動性の地合いではむしろ好都合の面もある。PBR0.5倍台と訂正高余地は十分ではないだろうか。株価は、120円前後でのもみ合いが継続している。低位株の底上げが続くなかで、上放れの時期が接近しているといえそうだ。
2012/02/27 8:08