コーエーテクモHD(3635)【大型タイトル投入で業績向上、25日・75日線がGC目前】

コーエーテクモ  [3635] 東証1部 時価:648円

コーエーテクモホールディングス(3635)に注目。同社は、ゲームソフト中堅のコーエーとテクモが09年経営統合した会社。オンラインゲーム含め海外展開も強化している。
 12期3月期第3四半期累計(11年4〜12月)の連結営業損益は、18億300万円(前年同期は9億3500万円の赤字)と黒字転換を達成、第3四半期のみでは前年同期比51%増の大幅増益となっている。12年3月期は、3月発売予定の大型3タイトルの「ワンピース海賊無双」、「ポケモン+ノブナガの野望」、「NINJA GAIDEM 3」の人気化を予想していることから、会社計画の通期営業利益50億円(前期比51.3%増)を上回る可能性もありそうだ。
 来期の13年3月期も大型シリーズタイトルとコラボレーションタイトルの発売によって営業増益が見込める。海外展開については中国で「1億人の三国志」が、北米を中心とした英語圏では「100万人のモンスターファーム」のサービスがそれぞれ開始されている。
 株価は1月18日に付けた安値580円を底に、下値切り上げパターンの上昇が継続している。また、75日と25日の両移動平均線のゴールデンクロスが目前となっていることも買い支援材料。
2012/02/29 8:22