牧野フライス(6135)【スマホ向けで優位性発揮、13年3月期は大幅増益へ】

牧野フライス  [6135] 東証1部 時価:681円

 牧野フライス(6135)に注目。同社は工作機械大手。来期の13年3月期は、EMS(電子機器受託生産サービス企業)向けに加え、エンジン部品加工などの大型案件、航空機向けの大型加工機の拡大などが寄与する見込み。
 EMS向けはスマートフォンの金属自体の仕上げ加工用などに用途が広がっており、スマホ業界の競争が熾烈になる中、複雑な加工が可能な同社製の優位性が高まりそうだ。
 工作機械は、北米自動車向けが堅調であり、航空機向け受注もさらに増加する可能性が高い。アジアについては、12年3月期上期に中国の自動車、建機メーカー、インドの自動車メーカーから高水準の受注があったことから、13年3月期上期の反動減が予想され、受注・販売とも低水準にとどまることになりそうだ。
 会社側予想の12年3月期の連結営業利益は62億円は、65億円(前期日2.3倍)程度に上方修正されるものと予想され、13年3月期は100億円を上回る可能性もありそうだ。
 株価は、1月前半の400円台後半でのもみあいを経て、上昇トレンドとなり、一気に600円台後半の水準へと急上昇してきた。今後は調整場面を挟みながら、中期的には800円台を目指す展開となりそうだ。
2012/03/16 12:30