綜合臨床ホールディングス(2399)【12年7月期は2ケタの増収増益、積極中期計画も評価】

綜合臨床ホールディング  [2399] 東証マザーズ 時価:61500円

綜合臨床ホールディングス(2399)に注目。同社は、医療機関向け臨床試験支援大手。CRO(治験受託)など総合医療サービス目指している。
 同社の12年7月期通期の連結決算は、売上高57億9300万円(前期比12.3%増)、営業利益8億8400万円(同10.3%増)と2ケタの増収増益を見込んでいる。
SMO(治験施設支援機関)では、骨粗鬆症領域で上期に予想外の大口受注があったことが功を奏している。下期も整形外科、消化器案件が伸びる見通しだ。臨床研究支援業務拡大に伴う原価率上昇をこなして増収増益となる。
 また、15年7月期を最終年度とする中期経営計画では、売上高100億円、営業利益11億円、純利益6億2500万円を目指している。具体的には、?SMO業界のリーディングカンパニーとして市場シェア15%の獲得、?医療現場支援をメインとする新規事業の立ち上げ(M&Aを含む)――などを実現していく。
 株価は、先週末にかけての15日、16日の2日間連続ストップ高となる急騰をみせている。それでも、PERは13倍台と割高感はない。目先は波乱展開が予想されるものの、成長期待銘柄として、中期スタンスで押し目買いで対応したい。
2012/03/19 8:11