日本アジア投資(8518)【株式市場の地合い好転追い風、株価はもちあい上放れ期待】

日本アジア投資  [8518] 東証1部 時価:74円

 日本アジア投資(8518)の株価は、25日移動平均線まで売られていたが、目先の売り一巡から短期的なリバンドの兆しを見せはじめている。
 同社は独立系ベンチャーキャピタル大手で、事業再生投資やバイアウトを展開。昨年は株式市場の市況悪化から苦戦していたが、日経平均株価が1万円台を回復する地合い好転に伴い、同社ビジネスに追い風が吹きはじめている。
 停滞していたIPO(新規上場)も回復基調にあり、昨年6月には中国大手金融グループである中国中信集団公司(CITICグループ)および中国国電集団公司と共に北京中電新能投資中心(CITIC国電ファンド)を設立。環境関連技術などの産業分野の企業に投資を行う中国人民元建てファンド「天津ファンド」の管理会社を中国の政府系投資ファンドと共同で設立しており、この効果にも期待したいところだ。
 株価は日足チャートで三角もちあいが煮詰まりをみせており、上放れの期待感もある。
2012/03/30 12:30