アゼアス(3161)【デュポン・興研と共同事業、4月末の一括配当注目】

アゼアス  [3161] JQ部 時価:632円

 アゼアス(3161)は上放れの兆しが鮮明となってきた。同社は防護服販売が主力で、畳資材も手掛ける。
 12年4月期通期連結業績見通しは、売上高103億円(前期比3.2%増)、営業利益4億2200万円(同4%増)、純利益2億2200万円(同3%減)の見通しだが、第3四半期累計までで売上高83億2200万円、営業利益4億6900万円、純利益2億6900万円と利益は既に大幅な超過達成となっている。
 除染作業の進行、畳資材の復興需要の後押しを背景に、13年4月期も堅調な推移が期待できそうだ。なお、同社は、3月7日に、デュポンや興研(7963)と、新製品の開発や安全の啓発などの共同事業に関する覚書を締結したと発表している。
 また、4月期末14円一括配当見通しと期間利回り妙味に加え、増配思惑も市場の一部で浮上しているようだ。PBRは0.7倍台と割安水準にある。
2012/04/02 12:30