TOA(6809)【防災無線の更新需要に拍車、全国学校に緊急地震速報受信システムを配備】

TOA  [6809] 東証1部 時価:665円

 TOA(6809)の業績は好調な推移を見せている。12年3月期第3四半期累積(4〜 12月)決算は、売上高250億円(前年同期比10.4%増)、営業利益21億1300億円(同2倍)と大幅な増収増益となった。
 売上高の約3分の2を占める国内向けが、防犯カメラなどセキュリティー機器を中心に好調だったことに加え、海外向けも中国や東南アジア向け音響機器を中心に順調に拡大した。
 13年3月期以降も、東日本大震災発生に伴う防災対策強化の流れが同社の収益拡大に追い風となりそうだ。日本全国には市町村防災行政無線が普及しており、大規模災害発生時の避難勧告などの告知を行っている。今後はこの防災無線の更新需要が拡大しそうだ。
 また、文部科学省が15年度までに全国学校5万2000校に緊急地震速報の受信システムを配備する方針を打ち出しており、この分野でも同社の貢献が予想される。
 株価は、昨年12月の400円台から上昇をみせて、600円台に乗せている。全般軟調相場の中にあっても、高値圏でのもち合い状態を堅持している。今後は600円台での値固め完了後、再度上昇軌道に復帰することになりそうだ。
2012/04/16 14:07