東都水産(8038)【第3四半期営業利益は通期予想を超過達成 、PER9倍台と割安】

東都水産  [8038] 東証1部 時価:159円

 東都水産(8038)に注目。同社は、12年3月期の通期業績予想は据え置いているものの、第3四半期累計の利益額が通期業績予想を既に超過達成しており、最終的には上方修正となる可能性が濃厚だ。
 第3四半期累計決算は、売上高1008億円(前年同期比5%減)、営業利益6億9500万円(同32.7%増)、純利益6億7800万円(同93.5%増)となっている。売上高は、魚価が持ち直しの傾向にあるものの、取扱数量の減少が響き減収となった。利益面では、人件費の削減、貸倒引当金繰入額の減少、販売諸経費の削減などが奏功し、大幅な営業増益を達成している。
 通期業績予想は、売上高1230億円(前期比9%減)、営業利益5億円(同61.7%増)、最終損益3億7000万円の黒字(前期は1億9300万円の赤字)を据え置いている。13年3月期は、東北地方の漁業復興に伴って、鮮魚の仕入れがやや回復に向かう見通しだ。
 株価は、2月以降ほぼ150〜170円程度のボックス相場となっている。ただ、時価はPER9倍台、PBR0.6倍台と依然として割安水準にある。

2012/4/19 13:08