豊田合成(7282)【LED向けはフル操業、自動車向けは新興国が拡大】

豊田合成  [7282] 東証1部 時価:1594円

豊田合成(7282)に注目。同社の業績は好調な推移が予想されている。今後、次の4つのポイントに注目したい。1:LED(液晶表示装置)などオプトエレクトロニクス事業は、1月途中からフル稼働。タブレット型パソコン向けなどの生産が好調、2:LED事業の為替感応度(営業利益影響)は1ドル=1円の変動で、3.5〜4億円程度(下期の会社側前提は、1ドル=76 円)、3:LED事業の減価償却費は、生産性を高めた能力増強投資による投資抑制により、来期減少が見込まれる、4:主要製品であるエアバッグの搭載点数が多い北米地域では、1台当たり納入単価が高くなる傾向にあり、利益が出やすい傾向にある。13年3月期は、国内自動車向けの拡大に加え新興国が伸びる見通し。
 株価は、3月19日に年初来高値1685円を付けて以降、調整局面となっていたが、4月11日の1451円安値を底に反発を鮮明にしている。今後もジリ高歩調が継続しそうだ。
2012/04/27 8:00