日立メディコ(6910)【今期営業益28.8%増予想、中国新工場も寄与】

日立メディコ  [8894] 東証1部 時価:1135円

 日立メディコ(6910)に注目。同社は4月25日に、12年3月期の連結決算と13年3月期の業績見通しを発表した。12年3月期の決算は、売上高1662億円(前の期比35.2%増)、営業利益42億7100万円(同52.6%増)の大幅な増収増益となった。日立アロカメディカルを連結子会社化したことが寄与した。
 13年3月期は、売上高1675億円(前期比0.8%増)、営業利益55億円(同28.8%増)、純利益40億円(同2.8倍)と想定している。
 射線測定装置の需要はやや一服状態となるものの、超音波装置の復調やCT(コンピューター断層撮影)スキャナーの増加が見込まれる。また、中国新工場立ち上げに伴う原価低減の寄与も見込めそうだ。
 株価は決算発表を受けて動意含みとなり、年初来高値を更新している。ただ、株価指標面では、PER16倍台、PBR0.6倍台と割高感はない。目先的には押し目を入れながらも、中期的にはジリ高歩調を継続することになりそうだ。
2012/04/27 13:00