日立建機(6305)【今期営業益42%増、PER10倍台と割安】


日立建機  [6305] 東証1部 時価:1747円

 日立建機(6305)は4月25日に、12年3月期決算と13年3月期業績見通しを発表した。実績は計画比下振れしたものの、13年3月期は売上高8800億円(前期比7.7%増)、営業利益780億円(同42.2%増)、純利益350億円(同51.9%増)と大幅増益を予想。
油圧ショベルを中心とした建設機械需要は、世界的に堅調に推移すると想定。販売体制の強化、ソフト事業(部品販売およびサービス・中古車・再生部品販売など)の充実、好調なマイニング(鉱山)機械の受注に対応するため、増産体制の拡充を図る。
会社計画は、原価低減などでやや楽観的な印象があるものの、達成可能な水準だ。中国での需要は依然不透明ながら、利益率の高い鉱山機械などが利益増をけん引する見通し。
 株価は、3月19日に年初来高値1922円を付けて以降、高値圏でのもちあいの動きとなっている。1750円を軸として三角もちあいが煮詰まる兆しをみせている。東証信用倍率は0.60と売り長で先期待感が高まっている。また、株価指標の面でも、PER10倍台と割安水準にある。
2012/05/01 7:50