不二家(2211)【1Q営業益進ちょく率は32%、中国での製菓事業拡大】

不二家  [2211] 東証1部 時価:208円
 
不二家(2211)に注目。1日前場には、一時前週末比4円高の209円まで買われ、連日堅調な株価推移となっている。4月26日引け後、12年12月期第1四半期(1〜3月)の連結決算を発表し、最終損益が黒字に転換したことを引き続き好感する動きとなっている。
 第1四半期決算は、売上高233億円(前年同期比5.8%増)、営業利益5億8400万円(同2.9倍)、最終損益5億5000万円の黒字(前年同期は4100万円の赤字)となった。洋菓子事業での低価格商品の積極販売や、中国での製菓事業の拡大などが売上増に貢献している。
 一方、利益面では、全社一丸となった事業改善への取り組みが奏功。徹底したコスト削減と積極的な製品開発、営業活動を実行したことで生産性の向上も寄与している。
 12年12月期業績予想は、売上高905億円(前期比3.3%増)、営業利益18億円(同72.7%増)、純利益20億円(同3.7倍)を据え置いている。通期営業利益に対する1四半期の進ちょく率は、32.4%と高水準に達している。
 株価は、短期間に急騰をみせていることから目先的には利益確定売りも出て、波乱展開も予想されるが、中期的には業績の回復を反映してジリ高歩調が期待できそうだ。
2012/05/01 12:30