シンフォニアテクノロジー(6507)【小規模クリーン発電に期待、今3月期業績予想に注目】

シンフォニアテクノロジー  [6507] 東証1部 時価:175円

 シンフォニアテクノロジー(6507)に注目。同社は4月23日に、12年3月期の連結業績予想を修正。売上高は710億円から706億500万円(前期比1.8%減)へ、営業利益は17億円から15億5700万円(同37.6%減)にそれぞれ下方修正されたものの、純利益は4億円から7億6000万円(同46.8%減)に上方修正した。売上高が減少した影響で、営業利益は引き下げられたものの、税金費用の減少などにより純利益の減少幅は縮小する。
 同社は、半導体・液晶搬送装置、医用搬送装置などを展開。さらに自動車検査装置も手掛けている。そして注目なのが、太陽光と風力、水力を組み合わせた小規模の再生可能エネルギー発電システムで、今夏の再生可能エネルギーの全量買い取り制度スタートが追い風となり普及が加速する可能性が高まっている。
 株価は、4月11日の安値158円で二番底を付けたかたちで反転上昇に転じている。5月11日発表予定の13年3月期業績予想が積極的な内容と見込めることから、それを織り込む上昇相場に期待できそうだ。
2012/05/02 13:15