ミニストップ(9946)【今期は180店の出店、そろそろ株価反発のタイミング】

ミニストップ  [9946] 東証1部 時価:1425円

ミニストップ(9946)に注目。同社の設備投資は、13年2月期に大幅に増加する見通しだ。12年2月期の実績104億円に対し、13年2月期計画は前期比59%増の165億円。これは有形固定資産の増加が主な要因。つまり、新規出店の加速を意味している。
実際に、国内新店数は12年2月期109店に対し、13年2月期計画は、過去5期で最高の180店となる。海外も既存エリアの韓国、中国で前期より出店が加速する見通しだ。出店経費増加を支えるのは売上高や、マージンの改善だが、会社計画では一部商品の売上計上基準を変更した影響を除外した実質既存店増を見込んでいる。
 株価は、3月30日の年初来高値1600円を付けて以降、調整を強いられており、5月1日には1401円まで下落している。そろそろ反発のタイミングが近そうだ。株価指標面では、PER12倍台、PBR0.75倍と割安水準にある。
2012/05/07 7:58