ヤマハ(7951)【今期業績はV字回復、電子ピアノなどで優位性】

ヤマハ  [7951] 東証1部 時価:749円

ヤマハ(7951)に注目。同社の12年3期御業績は、繰延税金資産の取り崩しによって大幅な最終損失となった。しかし、13年3月期は、震災やタイの洪水からの回復によって業績のV字回復が予想される。
震災やタイの洪水により、半導体などの部品不足から生産量を抑制せざるを得なかった電子ピアノやPA(プロオーディオ)機器の生産と出荷量の回復が顕著となる見通しだ。
同社の電子ピアノとPA機器は、依然として競争優位性を維持しており、また収益性が高い製品であると判断できる。ただし、欧州の経済情勢が引き続き不安定であるため、同社楽器の欧州での増収率会社予想(現地通貨ベースで9%増)には、未達のリスクはある。
 株価は、3月29円に869円で年初来高値を付けて以降、全般相場の軟調地合いに連動して、下落し700円台半ばでの推移となっている。そろそろ値固め完了から反発をみせることになりそうが。
2012/05/14 7:55