タムロン(7740)【ミラーレス向け部品好調、信用倍率は0.73倍と売り長】

タムロン  [7740] 東証1部 時価:2422円

タムロン(7740)に注目。主力の一眼カメラ用交換レンズの販売が弱含んでいるものの、タイの洪水による一過性の要因といえる。今後は、?洪水やレアアース高騰影響の剥落、?フルサイズ対応のズームレンズ「A007」の立ち上がり、?主要顧客の洪水被害からの復旧、?季節性――などから業績は急回復へ向かいそうだ。同社の一眼の成長性に対する評価に変更はない。
1〜3月期の営業利益は前年同期比7.4%減益の8億3000万円で着地し、会社計画は上回って推移している。交換レンズが自社ブランドを中心に計画に対して下振れたものの、コンパクトデジカメ用や監視カメラ用のレンズが上振れてこれをカバーした。交換レンズの下振れ要因は、タイの洪水の影響で一眼カメラの供給が不足し、ボディと同社レンズとのセット売一眼市場はミラーレスの寄与で、年率10%を超える中期成長が予想され、同社は今後も高い利益成長が期待できそうだ。
 株価は、4月2日に年初来高値の2699円を付けて以降、調整局面入りとなり、2600〜2800円のボックス相場となっている。直近の信用倍率は0.73倍と売り長となっている。

2012/5/15 8:39