安川電機(6506)【ロボットに積極注力、反転上昇のタイミング接近】


安川電機  [6506] 東証1部 時価:617円

安川電機(6506)に注目。同社の13年3月期の業績予想は、売上高3100億円(前期比1%増)、営業利益160億円(同8%増)としている。半導体分野は大きな伸びは期待できず、液晶分野も大型パネルの停滞が続くものと見られる。しかし、自動車分野は引き続き好調が予想される。
足元の受注は、スマートフォンやタブレットPC関連の需要増加で改善ペースが速まっているが、一過性の要因に終わるリスクを考慮して、会社側は保守的に計画を策定した模様だ。
一方、中国でロボット製造工場の新設を含め、各種製品の供給能力増強を進め、輸出拠点へ育成する方針で、現地調達も拡大する。国内でもロボットの新製造棟建設を進めるほか、製造ラインへのロボット導入で能力拡大と生産性向上を進める。
 株価は、全体相場の下落に連動するかたちで、3月半ばの800円台から、600円割れで底打ちを確認し、反転上昇のタイミングが近そうだ。
2012/05/30 8:00