ヨンキュウ(9955)【今期営業利益71%増予想、魚需要に追い風加速】

ヨンキュウ  [9955] 大証JQ部 時価:1061円

 愛媛県宇和島市に本社を構える鮮魚流通大手のヨンキュウ(9955)に注目。同社の13年3月期の連結業績予想は、売上高402億円(前期比12.9%増)、営業利益13億5100万円(同71.1%増)と大幅増益を見込んでいる。これは、昨年6月に買収した同業の海昇(愛媛県)の売上、利益が通期で寄与してくるのに加え、魚価、販売量ともに底打ちから反転上昇に向かうものと予想されるためだ。
 また、国立がん研究センターが7日、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などの不飽和脂肪酸を豊富に含む魚をよく食べる人は、ほとんど食べない人に比べ、肝がんを発症するリスクが0.64倍に下がると、米国の消化器病学会誌に発表したと報じられたことは、魚需要の追い風として、同社の業績にもプラスに作用することになりそうだ。
 株価は5月29日の安値697円で底打ちを完了し、反転上昇を鮮明にしている。今後は、2月27日に付けた年初来高値の1386円の早期奪回から、さらなる上昇が期待できそうだ。
2012/06/08 8:00