アンリツ(6754)【LTE向け計測器続伸、業績は中期安定成長】

アンリツ  [6754] 東証1部 時価:808円

アンリツ(6754)に注目。同社は、11年度に純利益で過去最高益を更新。12年度も増益率は鈍化するものの最高益の更新が続くものと予想される。
3G規格の携帯電話出荷台数比率は、11年で世界全体では34%に過ぎず、今後も3G量産用計測器の安定需要が期待できること、4G(LTE=次世代通信サービス)の端末・半導体開発、ネットワーク構築もグローバルで活発化するとみられ、LTE開発用の計測器の需要拡大の継続が予想される。
2000年度の過去最高利益達成局面では、北米キャリアの光通信用設備投資という限られた市場に依存していたが、現在は、世界的なモバイル端末の一般消費者向けの需要拡大が背景にあり、研究開発投資が効率化していることなどの理由から、中期的に業績を安定的に伸ばせる可能性が高い。
 株価は4月以降調整局面となっていたが、6月4日の安値757円を底に反転上昇トレンドとなってきた。PERは11倍台と割高感はない。
2012/06/13 12:15