システムソフト(7527)【アップトゥミー買収で変貌へ、業績飛躍の可能性】

システムソフト  [7527] 大証JQ部 時価:73円

ネット利用のシステム開発・運用中心を手掛けるシステムソフト(7527)に注目。同社は、今年1月に賃貸不動産情報サイト、アパマンのサイト運営事業を新たに開始し、足元で業績が拡大している。今年4月27日に上期業績の上方修正を行った。売上高を6億円から7億円、営業利益を6100万円から8000万円、経常利益を4900万円から7000万円、純利益を4700万円から6800万円にそれぞれ増額された。年内には、アパマンのスマホ用サイトも開始予定で、さらなる成長が期待される。また、1月に資本金取り崩しで繰越赤字を解消し、復配に向けて弾みがついた。
加えて、新たな分野のシステムソリューション事業への進出を図るべく、株式会社アップトゥミーの全株式を取得、子会社化した。アップトゥミーは携帯電話・スマートフォンなどのモバイル端末におけるSEO(検索エンジン対応の最適化)・コンサルティング事業に強みを持つ企業。大手のポータルサイト、コンテンツプロバイダーなどの顧客を多く抱え、急成長・高収益を上げている。
買収に伴う業績見通しの変更は、遅くとも7月に予定される第3四半期累計の決算発表時に明らかになり、本体の通期業績予想にアップトゥミーの業績が4カ月分加算される。今年10月から始まる来期にはアップトゥミーの業績がフル寄与し、システムソフトの業績を大きく押し上げる形となるだろう。アップトゥミーの業績は、2011年3月期は売上高3億円、営業利益2億円と利益面ではシステムソフトを上回る水準となる。
 株価は3月30日に年初来安値44円を付けて以降、反転上昇に転じている。株価は70円台まで回復しているものの、今後の業績向上への期待感から、さらなる上昇が期待できそうだ。
2012/06/15 8:08