セイコーエプソン(6724)【アジア向け好調、PER11倍台・PBR0.5倍台】

セイコーエプソン  [6724] 東証1部 時価:756円

セイコーエプソン(6724)の13年3月期の想定為替レートは、1ドル=75円、1ユーロ=100円で、売上高8900億円(前期比1.3%増)、営業利益350億円(同42.1%増)を計画している。
インクジェットプリンター市場は、一般家庭用の不振が続くものの、アジアを中心にビジネス用途が拡大すると見られるほか、消耗品ビジネスの伸びが支えとなり、収益の大幅改善が見込まれる。また、液晶プロジェクターは米国や新興国で、教育現場向けの伸びが予想される。デバイス事業では水晶部品の単価下落が続くものの、構造改革による収益改善が見込まれる。なお、前期の訴訟和解金特損60億円はなくなるが、デバイス事業の構造改革費用などが幾分残る見通し。
 株価は、6月4日の717円で底打ちをしたものの、依然として波乱展開が続いている。株価指標面では、PER11倍台、PBR0.5倍台と割高感ない。
2012/06/26 12:43