明星工業(1976)【日ロ両政府がLNG開発で協力、売り一巡で再上昇接近】

明星工業  [1976] 大証1部 時価:218円

 明星工業(1976)に注目。同社は断熱などLNG(液化天然ガス)関連工事のシェアで国内トップ。
 6月24日に、日ロ両政府は、ロシア極東ウラジオストクのLNGプラント建設計画について、両政府が促進のために協力することで合意している。
 今回のプラント計画では、東シベリアなどの大型ガス田からパイプラインで運んだ天然ガスを、ウラジオストクのLNGプラントで液化して、船で日本へ運搬する内容となっており、海外LNG出荷基地工事の大手でLNG船でも豊富な実績を持つ同社の活躍が期待できそうだ。
 13年3月期は、売上高380億円(前期比2.2%増)連結営業利益で19億円(同10.1%増)と2ケタ増益予想で、業績面での不安はない。時価はPER11倍台、PBR0.4倍であり割安感は強い。
 株価は6月13日に224円まで戻した後に、目先的な利益確定売りで若干の調整を入れているが、売りも一巡しつつあり再上昇の場面が接近している。
2012/06/29 12:47