ロート製薬(4527)【高価格化粧品が急成長、中国では内陸部への販路拡充】

ロート製薬  [8894] 大証1部 時価:1048円

ロート製薬(4527)の国内肌ラボ事業は、12年3月期売上143億円(前期比5%増)。足元(4〜5月)販売は、前年キャンペーンの反動で横ばい。一方、高価格化粧品「オバジ」は、新製品投入の寄与で同6倍とけん引している。
内服関連は、通販専用商品が好調。国内事業について(1)トップシェア、高利益率のアイケア事業の安定性、(2)12年2月投入の高級化粧水・乳液の「雪ごこち」、オバジなど、スキンケアラインの拡充――により、業績は堅調とみられる。中国事業では、生産、マネジメントの現地化に加え、内陸部への販路拡充により、高い売上伸長力を保持している。
株価は、5月31日の安値861円で二番底を形成し、上昇に転じ、7月4日には、3月27日に付けた年初来高値1049円を更新し約3カ月ぶりに年初来高値を更新して、新たな上昇局面に突入している。
2012/07/09< 12:30/Div>