シー・ヴイ・エス・ベイエリア(2687)【ローソンへの変更で企業変身、今期21%営業増益を見込む】

CVSベイエリア  [2687] 東証1部 時価:117円

 シー・ヴイ・エス・ベイエリア(2687)は7月3日に、13年2月期第1四半期(3〜5月)の業績予想を減額修正したが、悪材料出尽くしとの見方からその後も株価は上昇した。連結営業損益は従来予想の2億1100万円の赤字から3億8700万円の赤字に拡大した。
 同社は今期の期初から「ローソン」ブランドでコンビニエンス・ストア事業を開始したが、店舗運営のためのシステムやオペーレーション変更に伴ったコストが増加した。商品の適正仕入れ数把握のための廃棄金額や、パート・アルバイト従業員の店舗業務習得のための人件費が計画を大幅に超過したことが要因。
 13年2月期連結の通期業績は、売上高291億2600万円(前期比8.3%増)、営業利益4億1100万円(同21.6%増)の大幅な増収増益を見込んでいる。
 今期は新規出店10店程度(前期ゼロ)が見込まれ売上の上乗せが期待できる。総菜や弁当など好採算の中食品の伸びが期待できるのに加え、利益率の高いPB(プライベート・ブランド)商品の品揃え強化による増益も期待できそうだ。
 株価は、6月下旬の80円台から動意含みとなり、130円台に上昇したものの、その後は短期間の急上昇の反動で一服状態にある。ここは、買い好機となりそうだ。
2012/07/11 12:30