栗本鉄工所(5602)【水道管の耐震化に貢献、PER9倍台と割安】

栗本鉄工  [5602] 東証1部 時価:228円

栗本鉄工所(5602)は、水道管やガス管などの鋳鉄管で国内2位。浄水場やプラントなどのバルブのほか、破砕機や混練機などの産業機械やプラントメンテナンスなどのエンジニアリング事業も手掛ける。首都直下型地震のリスクが叫ばれる中、ライフラインの要である水道の配管には高い耐震性が求められている。
東京都水道局では、2019年度までに継手の耐震化を10年度末の27%から48%に高める計画(約4600キロメートル)を進めている。自治体向け事業で実績豊富な同社にメリットがある。なお、同社は14年度を最終年度とする3カ年中期経営計画をスタート。機械システム関連事業を中心にグローバル展開を推進し、14年度売上高1060億円超(前期実績970億円)、営業利益65億円超(同42億円)を目指す。
 株価は、5月15日に安値158円を付けて以降、上昇トレンドを継続している。全般相場に逆行高し、7月中旬から出来高を増加させて連日の年初来高値更新となっている。PER9倍台、PBR0.7倍台と割安水準にある。
2012/07/23 7:48