永大産業(7822)【13年3月期の営業利益は96%増、25日移動平均線から反発へ】


永大産業  [8894] 東証1部 時価:354円

永大産業(7822)に注目。同社の第1四半期(4〜6月)決算は、8月3日に発表予定だが、復興にも絡んで住宅着工が拡大するなかで国内トップクラスを誇る複合フローリング材を含めて住宅資材の回復基調には大きなブレはないと思われる。
 13年3月期は、連結営業利益で前期比96.4%増の15億4000万円の大幅増益の見通しであり、内需の好業績銘柄として見直してみたいところだ。
 昨年から建設を進めていたEidai Vietnam Co. Ltd.(EVC)のフローリング工場は今年5月に第一次工事にあたるムクフローリングラインの設置を完了、生産を開始しており、この効果で高品質かつコスト競争力の高い商品供給が可能になったことも先行き収益押し上げ要因となりそうだ。
 株価は、6月28日に373円まで上昇した後に弱含みの動きとなっていたが、25日移動平均線である355円に接近したところで底堅い動きとなってきた。
2012/07/25 8;00