ダイセキ(9793)【子会社の上方修正が寄与、調整から底打ちのタイミング接近】

ダイセキ  [9793] 東証1部 時価:1290円

ダイセキ(9793)は7月12日、13年2月期第1四半期(3〜5月)決算を発表した。売上高94億3500万円(前年同期比3.3%増)、営業利益16億4700万円(同0.9増)となった。
ダイセキ単独ベースの第1四半期売上高が会社計画を上回ったことに加え、第1四半期営業利益率が前年同期比25.6%増となった。この数値が、12年2月期通期の同22.8%増および13年2月期会社計画の同23.6%を上回ったことを評価したい。
また子会社ダイセキ環境ソリューション(1712)が通期予想の営業利益の上方修正を発表したことで、ダイセキの連結業績の第2四半期以降に期待が持てるポジティブな印象が強まっている。
 株価は、7月6日の高値1444円を付けて以降調整トレンドとなっている。1300円を割り込んできたことで、底打ちのタイミングが近そうだ。
2012/07/27 8:00