ツムラ(4540)【漢方薬は予想上回る、直近の信用倍率は1.03倍】

ツムラ  [4540] 東証1部 時価:2,191円

ツムラ(4540)に注目。同社は、7月25日の引け後に、中期経営計画の公表を11月まで延期すると発表した。理由は、13年3月期および7月までの医療用漢方薬の需要(実売)が予想を上回るペースで伸長し、その分析と検証を踏まえて中期計画を策定するのに時間を要するためとしている。
中期計画については納得できる内容を伴うものかどうか不安視する向きもあったため、足元の堅調な需要が反映されればポジティブな数値が出される可能性が高そうだ。13年3月期第1四半期(4〜6月)決算は、漢方薬の原料である生薬のコストアップにより、売上高245億円(前年同期比0.5%増)、営業利益60億円(同0.3%減)を想定していたが、これを上回る可能性が濃厚となってきている。
株価は、5月28日の年初来安値の1671円を付けて以降、全般軟調地合いの中にあって、順調に上昇トレンドを継続している。直近の信用倍率は1.03倍と取組妙味も増している。

2012/7/31 12:23