デジタルハーツ(3620)【不具合検出事業は好調、今3月期営業利益は24%増予想】

デジタルハーツ  [3620] 東証1部 時価:1535円

デジタルハーツ(3620)は、パッケージゲームソフト向けを中心に不具合検出(デバッグ)サービスを手がける。サービス領域はゲームソフト以外にソーシャルゲームやアミューズメント機器(遊技機)、家電など。最近では、ゲームソフトをはじめソフトウェアの開発費が高まり、内製でデバッグ作業を行う時間・人が不足がちとなっている。
会社側による13年3月期連結業績見通しは、売上高66億円(前期比23%増)、営業利益10億3000万円(同24%増)となっている。ソーシャルゲームやスマートフォンアプリなどのモバイル関連や遊技機のデバックのほか、システム検証の売上増を計画。また、ゲームソフト開発を手がけるグラスホッパー社との合弁事業における受託開発やデバッグ売上を見込む。
 株価は、1450円水準での値固めを完了から反発の兆しをみせはじめている。当面の目標は1600円台乗せとなりそうだ。
2012/08/01 7:50