大和ハウス工業(1925)【フジタ買収で飛躍へ、中国事業準に順調に回復】

大和ハウス  [1925] 東証1部 時価:1097円

大和ハウス工業(1925)に注目。同社は8月10日、準大手ゼネコンのフジタを500億円で買収すると発表。大和ハウスは、フジタ買収により、中国での施工力、再開発ノウハウなど新たな機能を手補完することが狙い。
12年3月期末のフジタの連結純資産は、294億円であるところから、206億円のプレミアム(のれんは20年償却)で購入することになる。13年3月期第1四半期(4〜6月)受注(単独)は、前年同期比9.4%増で、年間受注会社計画の3.3%増に対しては、順調に推移している。中国事業は、足元で販売が回復しており、大連子会社の持ち分利益(通期・会社計画)は、期初計画の8億円から10億円に上方修正された。
株価は、7月以降1060〜1160円のボックス相場が続いている。東証信用倍率は0.25倍と大幅な売り長となっている。PERは10倍台、PBR0.9倍台と割安水準にある。
2012/08/21 7:50