太平洋工(7250)【13年3月期営業利益は上方修正の可能性大】

太平洋工  [7250] 東証1部 時価:487円

 太平洋工業(7250)の株価は7月26日の420円を底に上昇、5日線や50日移動平均線を抜けてきており出直り色を鮮明にしている。
 同社は、タイヤバルブとバルブコアで世界トップクラスを誇る企業で、プレス部品に関してはトヨタ自動車(7203)と密接な関係にあり、足元は、エコカーの販売が好調な自動車メーカーの生産増に支えられて同社の受注も増勢、13年3月期に関しては第1四半期決算で連結営業利益は13億6300万円(前年同期2億6300万円赤字)と黒字転換を達成、進捗状況を考慮すれば通期予想の38億円(前期比2.7%増)は増額修正期待が高まるところだ。欧州で今秋かあら装着義務づけとなるタイヤ空気圧監視システムに関してもベルギーに現地法人を設立し拡販を図っている。時価はPBR0.6倍、貸借倍率0.8倍と需給面からも妙味。
2012/08/27 12:30