ホシザキ電機(6465)【12年12月期業績は再上方修正が濃厚】

ホシザキ電機  [6465] 東証1部 時価:2221円

ホシザキ電機(6465)は、業務用厨房機器の大手。業務用冷蔵庫は12年12月期第2四半期累計(1〜6月)ベースでシェア47%、製氷機は同67%、ビール用ディスペンサは同73%と圧倒的なトップ。第2四半期累計期間(上期)の売上高は、前年同期比6.3%増の989億円、営業利益は同21.8%増の90.6億円で、それぞれ過去最高となった。
昨年発売した省エネタイプの冷蔵庫の拡販や、復興需要などで国内の売上が拡大した他、原価低減努力や利益率の高い主力製品群の拡販が奏功し、売上高は期初計画比で44億円、営業利益は同22億円上回った。
会社側は上期の好調から通期の業績見通しを修正したが、売上高は期初計画比で35億円、営業利益は同17億円の上方修正にとどめた。下期に入って国内は復興需要の一服や昨年の反動増の息切れなどが懸念される上、海外は欧州債務危機問題から減収(前年比7.6%減)とみているため。ただ、国内は飲食店以外(病院、老健、コンビニなど)の開拓、営業・サービスなどの連携効果や需要は想定以上に堅調のようで、会社計画は保守的とみられる。
株価は、5月半ば以降順調に下値を切り上げている。現在は、年初来高値圏で値固め状態にあり、次の上昇局面が期待できそうだ。
2012/09/07 7:45