横河電機(6841)【新興国向け需要拡大、信用倍率は0.24倍】

横河電機  [6841] 東証1部 時価:970円

横河電機(6841)に注目。同社は、15年までの中期経営計画を発表している。半導体検査装置などの不採算事業から撤退し、制御事業を中心とする戦略を打ち出した。制御事業はエネルギー関連に強く、中東やアジア地域などでビジネスを拡大させている。13年3月期通期は、売上高が3470億円(前期比4%増)、営業利益が200億円(同20%増)の計画。
期初発表の会社計画から足元の良好な経営環境や、第1四半期の好調な実績も踏まえ売上高で80億円、営業利益で10億円上方修正した。制御事業で新興国・資源国のエネルギー関連向けが想定より堅調に推移しているため計画を引き上げたが、計測事業では中国・インド向けの需要減速の影響を織り込んだ。
株価は、8月中旬以降の900円台固めを経て、先週から一気に上放れている。直近の東証信用倍率は0.24倍と大幅な売り長となっている。
2012/09/19 7:45