ジーエス・ユアサ コーポレーション(6674)【再生エネ関連の評価は継続】

GSユアサ  [6674] 東証1部 時価:347円

ジーエス・ユアサ コーポレーション(6674)は300円台前半からのもみ合い基調から上放れの動きが鮮明となってきた。
 ゴールドマンサックス証券が8日付けで、投資判断を「売り」から「中立」に引き上げるなど、同社株を見直す動きが目立ってきた。同社のリチウムイオン電池事業は、電気自動車向けを中心に期待通りに伸びていないことがネガティブ要因で、10月30日発表予定の第2四半期決算の内容次第では、13年3月期通期の180億円(前期比12.3%増)も達成への懸念が強まるところだ。
 しかしながら、栗東工場(滋賀)では、三菱自動車(7211)のプラグインハイブリッド車向けの生産を開始、太陽電池関連も国内メガソーラー案件を中心に採算は改善しており、再生エネ関連としての評価は継続している。
2012/10/17 7:50