日本カーボン(5302)【炭化ケイ素繊維に将来性、反転上昇が加速】


日本カーボン  [5302] 東証1部 時価:140円

日本カーボン(5302)に注目が集まっている。このところの全般地合いの好転で、低位の材料株を物色する動きがみられ、その出遅れとして同社株に目先資金が流入しているようだ。10月12日に年初来安値120円を付けて以降、反転上昇が加速している。
 現在、注力中の炭化ケイ素繊維は、航空機エンジン素材として将来性が評価されており、数年後の収益けん引役として期待が高まっている。また、リチウムイオン電池用の負極材や、LED(発光ダイオード)製造装置用素材など先端素材での展開力も注目される。
2012/10/23 11:35