小池酸素工業(6137)【大型切断機需要拡大、シェールガス開発で機体】

小池酸素  [6137] 東証1部 時価:171円

 小池酸素工業(6137)の株価は、7月25日に220円を付けたあと下落基調を続けていたが、170円台では下げ止まる動き。時価はPER7倍台、PBR0.3倍の水準で、更なる下値不安は少ない。
 鉄鋼、造船、建機向けで使用される厚板切断機などの機械装置と高圧ガスを2本柱に事業を展開。主力の切断機に関しては国内の造船向けで採算が悪化していることから13年3月期は連結売上高420億円(前期比2.7%増)、営業利益12億円(同7.5%減)と増収ながら減益となる見通し。
しかし、シェールガス開発が活発化している北米では、パイプライン部材や掘削機・建機製造向けに大型切断機需要が来期から本格ら本格化してくることから見通しは明るい。
2012/10/26 11:15