日産化学工業(4021)【農業化学品事業が堅調、信用倍率は0.53倍と拮抗】

日産化学  [4021] 東証1部 時価:901円

日産化学工業(4021)の株価は10月30日に880円まで調整した後に出直りに転じてきている。信用倍率は0.53倍と拮抗しており、需給面も良好で9月14日高値952円を奪回すれば4ケタ乗せも視野に入ってこよう。
 中小型の高精細液晶パネル向けに配向膜が好調に推移しており13年3月期は第2四半期連結営業利益で前年同期比30.6%増の85億8000万円を計上、農業化学品事業も堅調に推移しており、通期予想の186億円(前期比20.2%増)達成へ向けて不安はない。
タブレットの新端末が続々と発売されるなかで配向膜「サンエバー」の受注は更なる拡大が期待されるだけに、一段と好実態評価へ。
2012/11/07 12:30